徹底的に南京虫駆除をする【被害を受けない為に行なう駆除】

判断は慎重に

ハチの巣

スズメバチは、条件が揃った場所にしか巣を作りませんので、作られやすい場所を日頃からこまめにチェックしておきましょう。万が一巣を発見した際は、場所や大きさ、量に応じて、自分で駆除するか業者に依頼するべきかを適切に判断することが大切です。ただ、業者に依頼する際の代金は高額ですので、慎重に行ってください。

More Detail

選ぶ時のポイント

男の人

被害の多いねずみは業者によって駆除してもらうことが可能です。依頼する際には、保証の有無をチェックしましょう。駆除後の保証が充実していれば、安心して依頼出来ます。また、見積もりは数社から取る事も大切です。一括見積サイトを活用すれば、時間をかけずに数社から見積もりが取れます。

More Detail

南京虫による被害を回避

ジャケットの人

害虫駆除用のスプレーで

南京虫は、動物の血を吸って生きる虫です。人間の血も南京虫にとっての食糧となるので、これが室内で発生すると、血を吸われることになります。しかも南京虫には、夜に暗くなってから動き出すという習性があるので、血を吸われるのは主に寝ている間となります。睡眠中に南京虫を体から逐一掃うことは困難なので、そのため被害を回避するには、南京虫駆除をおこなう必要があります。南京虫駆除は、ノミやゴキブリなどの害虫駆除用のスプレーの使用により、おこなうことができます。南京虫は体長が6〜7ミリほどあるので目視しやすく、見かけた場所でスプレーを使用すると駆除できます。また、南京虫は家具の裏側や下側、床と壁の境目などによく潜むので、そういった場所にスプレーを使用することも効果的です。

約1週間後に2回目の駆除

南京虫のメスは、3個前後の卵を毎日産むので、南京虫が発生した場所には、卵も多く存在しています。しかも害虫駆除用のスプレーは、基本的には卵の殻の内部にまでは浸透しません。つまり南京虫駆除をおこなっても、卵は生き残るわけです。そして卵は、産卵後は1週間以内に孵化しますし、生まれた幼虫は、すぐに血を求めて動物や人間に近寄っていきます。これにより再度被害が発生することになるので、南京虫駆除は、初回の約1週間後に2回目をおこなう必要があると言えます。幼虫が産卵できる成虫に成長するまでには、少なくとも1ヶ月はかかります。その前に害虫駆除用のスプレーで幼虫をしっかりと駆除しておけば、新しい卵が産まれる心配はなくなるのです。

しっかりとした業者に依頼

鼠

ねずみ駆除の見積もりで、費用が妥当かどうかを注意して確認しましょう。最終的な料金が工事内容に合っているのか確認すると出費を抑えることに繋がります。契約する際には必ず契約書を作成することで法外な料金を請求される心配がなくなります。

More Detail

Copyright © 2017 徹底的に南京虫駆除をする【被害を受けない為に行なう駆除】 All Rights Reserved.