判断は慎重に|徹底的に南京虫駆除をする【被害を受けない為に行なう駆除】

徹底的に南京虫駆除をする【被害を受けない為に行なう駆除】

判断は慎重に

ハチの巣

状況に応じた判断を

スズメバチは、ハチの中で特に攻撃的で毒を持っています。スズメバチの駆除は巣ができてしまってからでも可能ですが、もちろん作らせないことが一番大切です。ハチは、換気口、軒先、戸袋、物置、プランターなど、雨風を凌ぎ、尚且つ外敵の目に付かない場所に巣を作ります。金網を取り付けたり、こまめに空気を入れ替えたりと、ハチにとって居心地が悪い環境を作ることが重要です。もし発見してご自分で駆除される際は、長そで長ズボン、帽子とゴーグルを忘れず、とにかく肌を見せない格好で行ってください。殺虫剤を30秒ほど吹き付けたら、長い棒などを使って叩き落とします。巣を攻撃すればハチはまず襲ってきますので、一度で叩き落とせない場合は、怒りが静まってからで構いません。巣が落ちると、しばらくしてハチは諦めて去っていきますから、一晩くらいそのまま放置し、翌日処分します。できればもう一度殺虫剤を吹き付け、ハチがいないことを確認したら、ゴム手袋をして、ゴミ袋に捨てましょう。心配な方は、ゴミ袋にも殺虫剤をかけておきましょう。一般的に通常ゴミとして処分できますが、地域によっては認められていない場合もありますので、事前に十分に確認しておいてください。

安全を最優先に考える

今では、ハチの巣駆除を専門とする業者が多く、24時間いつでも対応してくれるところもあります。危険を伴う仕事であるため、スズメバチの巣を駆除するとなると安くても30000万円程度はかかりますが、市町村役場で補助金や公費負担が出され、数千円に収まる場合もあります。また、ハチの巣は高額で売れるため、無料で行ってくれる業者も見られます。ですが、どんなに安い代金であったとしても、駆除に向かない場所であったり、大きさ、量によってどんどん上乗せされてしまいます。スズメバチの場合、巣が作られたばかりであるなら、十分に安全を配慮した上で素人でも駆除することが可能です。スズメバチが巣を作り始めるのは4月〜6月頃ですから、大きくなってしまう前に対処するべきです。状況に応じて、自分でやるべきか業者に依頼するべきかを適切に判断しましょう。

Copyright © 2017 徹底的に南京虫駆除をする【被害を受けない為に行なう駆除】 All Rights Reserved.